読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Prosperity

ブログの運営ノウハウをほぼ毎日お届け。Facebookでも独自情報配信。また、イケダハヤト氏が「はてなブロガーはうんこ」と言ってるので、はてなで運営してみます。

更新頻度、記事数が大事というブログSEOのアドバイスはほとんど嘘

f:id:egralnet:20170312175234j:plain

ブログにおけるSEOの話でよくあるのが

・更新が大事

・記事数が大事

という都市伝説です。

 実際にワードプレスでブログを複数運営している身として言えるのが、この2つの都市伝説はあまり参考にしない方が良いでしょう。もしこの2つのことをブログで強調しているならそのブロガーはSEOを知らないブロガーだと思って間違いないです。

今日はその理由を書いておきたいと思います。

更新頻度・記事数を優先するならゴミブログが上位表示されてるはず。

まず検索結果を見ればわかりますが、更新頻度が大事なら鮮度の高い記事が上位表示されているはずです。また、記事数が評価の対象なら記事数の多いサイトが上位表示されるでしょう。

では、実際検索するとどうでしょうか?

違いますよね。

はてなブログでもこのブログアドバイスをしている人が結構いますが、このアドバイスをなぜプロブロガーの皆さんがするのかと言うと

「ブログ初心者向けのアドバイスだから」

です。

ブログの教科書や参考書はあくまでも初心者向けに書かれたものが多いので、更新する習慣と記事を書く習慣を身につけさせるので、SEOの専門書籍とは違うアドバイスをしています。

 もちろん、まったく効果がないわけではないので、100%嘘でもないですが、個人的にはほぼ都市伝説的な話と断言できます。更新頻度を上げるのはクローラーにアクセスさせるためのものであり、上位表示につなげるものではないのです。

検索クエリによって上位表示方法は変わる。

例えばニュース性の高い記事を書いた場合、グーグルは鮮度を重視します。これをやってる人達がトレンドSEOだったりするのですが、速報性が重要なキーワードで検索された場合は、更新が新しい方が有利です。

ですが、日常の問題解決系の検索クエリだった場合、更新頻度はまったく関係なくなります。

 例えば腰痛の傷みを緩和したい場合、整骨院とかマッサージ、ストレッチ方法を探したりしませんか?その場合、どんなページをGoogleは上位表示するでしょうか?鮮度の高い情報ですか?

 

違いますよね。

 

信憑性の高い信頼のある情報を上位表示したいと思うのがGoogle側の考えではないでしょうか?

 プロブロガーの中にはSEOにまったく無頓着な人も多いので、この辺をきちんと勉強されていないプロブロガーの意見をそのまま鵜呑みにすると、

・毎日更新してるのにアクセスアップしない

・まったく稼げないじゃないか

といった問題が発生します。んで、セミナーとか有料情報で本当のことを語ったりするのでカモにされるだけです。

もしSEOのことをきちんと理解してブログを運営している人は、

・更新しなくてもアクセスが集まる

・更新せずともアフィリエイト収入を上げている

はずです。

少ない労力で成果を上げたいと思うなら、そういったブログを参考にしていくべきでしょう。

直帰率4.62%、1アクセスで5.6ページ読まれるのブログの作り方

f:id:egralnet:20170312175234j:plain

直帰率はSEOに関係ないという説が有力です。むしろ戻るボタン(クリックバック)を押す方が関係するかもなんていう話もありますが、やはり読まれるブログにすることはSEO関係なしにブログとしては重要な要素であることは間違いありません。なので直帰率4.62%、1アクセス5ページほど読まれるブログがとりあえずできたので、簡単にまとめてみます。

記事の最後まで読まれるブログとは何か?

簡単に言うと

・ノウハウ系

・問題解決系

の2種類です。

人間とは

「自分に関係あるネタは最後まで読む」

のです。

実に簡単な話なのです。

一方、時事ネタを追っかけるとトレンドSEOができて瞬間アクセスやバズを起こしやすいですが、なかなか読者になってくれませんし、ブックマークもされません。被リンクをくれることもしばしばありますが、よほど希少性がないと被リンクは貼られないでしょう。むしろ、ブログで飯を食いたいという人ならば

 

・長期間アクセスを生むコンテンツ

・長期間アフィリエイト収入を生む記事

 

の方が重要と言えます。

 となると、ニュースサイトを構築するよりも、長期的に検索されるキーワードを選んで記事構成を作る方が長い目で見てブログマネタイズしやすいのです。

同じ15分、30分ならお金になる記事を書き続けることがブログを長続きさせる秘訣

ブログはコスト0で作れるものではありません。作業時間というものが必ず存在するので、アクセスが集まらない、アクセスが集まってもお金にならないサイトはほとんどの場合更新が途絶えるか、削除されます。要はモチベーションが下がるわけです。これは中古ドメイン市場を見ればわかることです。

 アフィリエイトは嫌われますが、実際アフィリエイトでブログマネタイズしているところのほうがやる気があって、更新頻度も高く、運営期間が長いことが多いのです。なので、個人的にはワードプレスのほうではガッツリアフィリやってますw

 ですが、アフィリエイトするページはnoindex処理なので、有益な記事を書きGoogleにインデックスさせ、アフィリエイトページにて収益を得ているというビジネスモデルを構築しています。

 たまに本家のワードプレスの方を紹介することもあるかと思いますが、はてなでは禁止事項のようなので検索で一生懸命私のサイトを探してみてください。直帰率に関してもさらに詳しい方法があります。

 

このブログにヒントが隠されています。

Googleは新規ドメインに対しやはりドメインフィルターかけていることが判明

f:id:egralnet:20170312171023j:plain

今更といった感じですが、新規にワードプレスの方でブログを始めるとなかなか検索結果に出てきません。ブログタイトルで検索してもFacebookやツイッターのほうが上位表示されるので、まだまだドメインは弱いなという印象です。なので、同時並行ではてなブログのほうもメモ代わりに更新していこうかと思っています。

ワードプレスは陸の孤島

ワードプレスは被リンクがまったくないので、陸の孤島からのスタートとなります。ただし、ドメインエイジフィルターは最大でも半年間なので、この期間にしっかりと記事を作り込んでおけばはてなブログ並みにアクセスアップしていくことも十分可能です。

 はてなを利用している理由ははてなのシステムがどのようにアクセスに影響するかを知りたく運営しているだけなので、メモ代わりとして使用しています。運が良ければ読者を集めることもできるので、うまくいけばいいなー程度に運営しています。

けど、アフィリエイトで儲けるにはやっぱりワードプレスが有効

はてなはアフィリエイトを禁止していませんが、監視が厳しいのでやりにくい面があります。なのでワードプレスにブログ運営ノウハウを全て詰め込んでるのであくまでもここはメモ程度になっていくかと思いますが、書ききれないこともあるので、こちらでも更新していきます。

 ただ、有益な記事をたまに紹介していくこともあるかと思うので、そのときはツイッターやFacebookでお伝えしていきます。

 

 

レビュー記事がなぜSEOに強く上位表示期間が長いのか。

f:id:egralnet:20170228045418j:plain

こちらの本に長年更新をほとんどせず、アクセスを集める秘訣が書かれていたので今1番参考にしている本なのですが、私のサイトもずっと上位表示していたり、アフィリエイト収入になっているブログ記事があります。

たった1記事でも数年上位表示するワケを推測になってしまいますが、今のGoogleアルゴリズムに関係していると思われるので考えをまとめておきます。

 

なぜGoogleはレビューブログを上位表示するのか?

はてなのガイドラインを見ればGoogleアルゴリズムに沿ったものというのが何となく理解できます。

参照URL:

help.hatenablog.com

つまり、はてなでもレビューはいいよと許可をしています。ただし、中には非公開になったりはてなブログProでも問答無用で見れない状況にされるなど様々な情報が飛び交っていますが、割合的には6割くらいは非アフィリエイト記事のほうが良いなんて噂も飛んでいます。

 なので個人的にはアフィリエイトタグが入っているものはワードプレスにて運用しており、ここはあくまでもレビューメインまたは書評になっていくかと思います。

 さて、ここから本題ですがなぜGoogleはレビュー記事を上位表示させるのか。これは個人的な推測ですが、おそらく以下のような理由から成り立っているのではないかと思います。

 

 検索キーワードでブログ+感想が多いから

Googleは統計学的に様々な数字を元に検索結果に反映させています。その中でも特に多いのが「商品名+ブログ+感想」というキーワードです。この検索が多いとGoogleはアルゴリズムや人工知能が学習し、

「ブログのレビューを参考にする人が多いんだな」

ということを理解していると思われます。実際、検索窓に打つと補助機能でこのキーワードが登場するのですが、アフィリエイターの記事とわかっていても参考にする人はかなり多いのだと思われます。

ブログには写真が掲載されているから

もし実際に購入したのなら写真が多く掲載されているはずです。ココはおそらくGoogleも認識しているか、まだ認識していないとしても共起語で判断しているはずです。

 私は怪我をした時の話は事細かに書いているので、必然的に同じ境遇の人が同じ悩みを検索しているのだと思います。welq問題もありましたが、特に体が不調になると多くの人は病院に行く前にネットで調べるはずです。そのため、当時病院に行く前、後の話を文章だけ書いて上位表示されてしまっているのですが、旅行や食べ物系なんかは写真が掲載されている方が信憑性が高いとおそらくGoogleは認識するのではないでしょうか。仮に間違いだとしても自分がアルゴリズム開発者なら写真掲載しているところは評価を上げると思います。

悩みが文章に反映されるから必然的にロングテールキーワードで引っかかる

結局のところ、これが1番の要因ではないかと思います。商品を買うということは買う前に何らかの問題があるから購入するわけです。それはより便利になったり、より知識が高まったりなど利益になるから人は商品を購入するわけです。

 商品を買う前、買った後などを時系列、戦略的にブログを書けば長期間の集客やマネタイズは自然とできるはずです。問題は多くの人はこのレベルに来る前にブログやアフィリエイトを止めてしまうことでしょう。

 

 

Prosperityではさらに詳しいSEOの話やブログマネタイズの話をしていこうと思います。

フェイスブックページをブログとして活用し、集客・アフィリエイト収益を拡大できる理由

アフィリエイト

最近、フェイスブックページ増設しています。なぜか。答えは簡単。

「レビュー記事を書かなくても勝手に売れるから」

です。正直、SEOとかブログマネタイズが馬鹿バカしくなるくらい効率的です。

続きを読む